MENU
kipura
はじめまして。
30代・子持ち主婦です。
このブログはズボラ主婦の私が楽するために頑張るブログです。上手いこと手を抜くために日々研究中!

【体験談】ママ友はいらない!いなくても問題ない理由と過ごし方

ママ友に関する悩みって色々ありますよね。

ママ友の付き合いってめんどくさそうだけど、ママ友がいたほうが色々聞けたりするだろうし必要かな…

いつも一人でいると、寂しそうって思われないかな…

私も同じように悩んで、ママ友を作ろうと思って頑張ったこともありました。でも子どもが小学生になってからはママ友は一人も作りませんでした。

結論:ママ友は必要なし!いなくてもどうにかなるし、いないほうが楽!

人付き合いが好きな方は、作ったほうが楽しいと思います。

でも必ずしも、そんな人ばかりじゃない。人付き合いが苦手だけど、子どものために頑張ったほうがいいのか悩んでいるママのために、ママ友がいなくてもなんとかなることを、お伝えできたらなと思います。

目次

ママ友はいらない・めんどうだと思う理由

ママ友はめんどくさそう…

その通りです!!

ママ友がいてめんどうだなと思った理由はこちら。

  • 土日に遊びに誘われる
  • お迎えのあとに話し込んで帰れなくなる
  • パーティーに呼ばれる
  • 金銭感覚が違うと合わせるのが大変
  • 子ども同士の気が合わないのに、遊ばなくてはいけなくなる
  • 考え方が違うとストレス
  • 個人情報がもれる

土日に遊びに誘われる

  • 土日はゆっくりしたい
  • 家族とおでかけしたい

平日はゆっくりできない分、休日はゆっくりしたいですよね。
普段できない掃除をしたり、ちょっと遠くに買い物に行きたかったりする。

自分の友達なら、日にちをずらしてもらうことは簡単。
でも、ママ友の誘いって断りにくいんですよね。

無理して合わせて疲れてしまう。

目次へ戻る

お迎えのあとに話し込んで帰れなくなる

幼稚園のお迎えのあとはもちろん、参観日や行事のあとも同じですね。

世間話が始まるとなかなか帰れなくなります。

「帰るね!」ってはっきり言えたらいいんでしょうけど、私は言えないタイプだったので苦痛でした。

kipura

だって、家帰ってやることいっぱいある。
家でゆっくりもしたい。


ここでしゃべってる時間はないんだよ!!って思っちゃう。

子ども放置して、他のママの不倫話を立ち話してるお母さんたちを見てうんざりしました。
子どものためのママ友のはずが…

ママ友って何?

ランチやパーティーに誘われる

仲良くなってくると、ランチやお茶に誘われるようになります。
そして誕生日、ハロウィン、クリスマスなどのパーティーにも呼ばれたりします。

パーティーなんて、

  • 手土産も考えなきゃいけない
  • 子どもたちのプレゼントも考えなきゃいけない

ただでさえ疲れるのに、考えることがありすぎ!

目次へ戻る

金銭感覚が違うと合わせるのが大変

イベントもランチもですが、金銭感覚が違うとなかなか大変です。

自分の方が年収が高ければ合わせるのも楽ですが、うちの場合は逆だったのでなおさらでした。

数百円すらもケチって生活してるのに、プレゼントやお土産、ランチに数千円もかけられない!

ママ友はお金がかかります。

子ども同士の気が合わないのに、遊ばなくてはいけなくなる

親が仲良しだからといって、子ども同士も仲がいいのかといったらそうじゃないですよね。

やはり合う合わないがあるので、必ずしも仲良しとは限らない

そうなると親につき合わせるだけになってしまいます。

目次へ戻る

考え方が違うとストレス

自分の子持ちの友達相手でも同じですが、子育ての価値観や感覚が同じじゃないとストレスになります。

うちは比較的、挨拶やルールを守ることに厳しくしていました。
公園にいても、目を離すことはありません。

でも子どもが何をしていても気にしない人って必ずいます。

そういう人と一緒にいるのは、本当にストレスです。

個人情報がもれる

なんでも聞きたがるママっているんですよね。

そういう人に限って口が軽い。

話したくないけど、話さないと空気が悪くなる。
話した結果、他のママが知っていたりするんですよね…

目次へ戻る

ママ友が必要だと思う理由

ママ友

逆にママ友がいることのメリットを考えたいと思います。

メリット
  • 子どもの友達ができる
  • 悩みなどを相談できる
  • 幼稚園や学校でのわからないことを確認できる
  • 参観日や行事などのときに一緒にいる人ができる

ママ友はこのような理由で必要と思われます。

実際、私がどうしてきたのか体験談をお話します。

子どもの友達ができる

幼稚園時代は近所に遊べるような友達がいませんでした。
子どもも幼稚園の帰りに一緒に帰って遊べる友達が欲しかったようです。

でも実際、幼稚園のあとに遊ぶと子どもは疲れてグズグズ。私もイライラ。

全然いいことない。

友達との付き合い方は幼稚園や保育園で学んでくるし、 未就学のうちは家族とたくさん遊んだほうがいいと思う。

そして小学校に入ると、親が作った友達ではなく、自分が選んだ友達と遊ぶようになります。
一緒にでかけることも少なくなり、一緒にいる時間も減る。
家族と一緒に過ごす期間ってものすごく短いのです。

だから小学校に入るまでは無理に友達を作らなくてもいいのではないかなと思います。

幼稚園に友達はいるしね!

小さいうちは家族との時間を大事にしましょう。

目次へ戻る

悩みなどを相談できる

同じ年の子どもがいるママ友って心強いですよね。
同じ悩みを抱えていることも多いし。

でも、悩みを相談できるのってママ友だけでしょうか?

自分の友達の中に先輩ママたちもいるし、親や兄弟など身近な人たちがたくさんいます。
身近に相談できる人がいなくても子育てサロンなどがあります。

子育てサロンが苦手であれば、 ネットで検索すれば同じような悩みを抱えてる人がたくさんいる。

私が悩んだときは職場の先輩ママさんたちとネットにお世話になりました。
ママ友がいなくても大丈夫でした。

本当に悩んでるときは、よほど信頼できていないとママ友に相談なんてしません。

幼稚園や学校でのわからないことを確認できる

これは幼稚園なり学校に聞けばいいだけです。
LINEなどで気軽に確認できるのは楽ですが、わからないことって年に何回もないですよね?

だいたいはきちんとお便りがある。
どうしてもわからないことって、幼稚園や学校に確認するのが一番正確です。

ママ友がいなくても特に支障ないよ!

目次へ戻る

参観日や行事などのときに一緒にいる人ができる

参観日に行く理由って何でしょうか?

ママ友と話をしたいからですか?

私は子どもを見たいから、参観日や行事に参加します。

ずっと廊下で話をして、子どもを一度も見ないお母さんってよく見かけます。
何のために来てるんだろうと思います。
そういう人たちに憧れるなら、ママ友を作るべきです。

でも、この記事を読んでる方って私と同じ感覚の方多いのかなと思っています。
そうであれば、子どもを見ましょう!

子どもの成長は一瞬です。
見逃すのはもったいないですよ。

参観日に一人でいるのは寂しい?

参観日とかに一人でいるお母さんっているけど、不思議なんだよね。寂しくないのかな?

私が妹に聞かれた言葉です。
少なからず、こう思ってる人がいるってことですよね。

でも気にする必要はありません。
自信もって答えましょう。

寂しくないよ!

子ども見るのに忙しいからね!

ママ友との距離感

距離

ママ友とは、子どもの友達のママであって、自分の友達ではありません。

友達というものは価値観や気が合うから仲良くなります。
しかし、子どもがいてこそのママ友は、価値観が合う合わないは関係ないのです。

だから距離感が重要になってきます。

揉め事が起こると、自分だけではなく、子どもにまで被害がいくからです。

しかし、なるべく距離をとっても、近づいてくる人もいます…

目次へ戻る

私の体験談

私の関わってしまったがために大変な思いをした実際の体験談です。
ちょっと長くなるので、興味のない方は飛ばしてください!

体験談を飛ばして次へ

長女が1年生になってすぐに、近所に同じクラスのAちゃんがいるとわかりました。
Aちゃんのお母さんにラインを交換してほしいと言われ、断る理由もないので交換しました。
1年生ということで、一緒に通学してほしいと頼まれ、こちらも心配だったので一緒に行かせることに。

最初の1か月くらいはよかったのです。
でも、次第に長女が泣いて学校に行きたがらなくなりました。
理由を聞いてみると、一緒に学校に行ってるAちゃんが走って逃げるからと。
そのお母さんのタイムラインを見ると、ちょっとめんどくさそうなタイプなのはわかっていました。
だから、断るいい理由ができたと思いLINEをしました。

「Aちゃんはうちの子と一緒に行くのはイヤみたいなので、無理して一緒に行くのはお互いストレスになるからやめましょう」と。

しかし、Aちゃんママは「子どもには言い聞かせるから、どうしても一緒に行ってほしい」というのです。
言い聞かせてまで一緒に行かせるものじゃないと思いましたが、そこまで言われたら断れないので一緒に行かせました。
でも、やっぱり置いていかれます。
しかも嫌がらせがエスカレートしていきました。
小学1年生だと思えないくらい陰湿ないじめをしていました。

ただ、自分の子どもの言葉だけを信用するわけにもいかないので、確かめることにしました。

帰り道、子どもたちが歩いてる姿を遠目から観察してみます。
間違いなく、うちの子は暴言を吐かれ、置いていかれていました。数人から。

私はその場でAちゃんに「一緒に行きたくないならママに伝えて。」と言いました。
大人にわからないようにやってるつもりだろうけど、見られてるんだよということを認識してほしかったから。

そしてこの親に言っても意味がないので、学校にすぐ相談しました。
学校はすぐに動いてくれました。そして担任の先生も、この親に問題があることを見抜いていました。

Aちゃんは一方的に親に怒られることが多い子なんだろうということは、タイムラインを見ているとわかります。
親に怒られた腹いせで、うちの子をいじめているんだろうなとは思っていましたがその通りでした。

親からはすぐに謝罪のLINEがきました。私は、

「もしかしたら、うちの子が嫌な事をしてるのかもしれない。Aちゃんが嫌がらせをするには理由があるのかもしれないから、怒らず話を聞いてあげてください」

そうLINEしました。
どう考えても、親の怒り方が原因です。
うちの子が言われた言葉の数々は、1年生とは思えないほど汚い言葉たちでした。
普段から言われているからでしょう。
親に話を聞いてもらえず、一方的に怒られる。そして溜まったストレスを長女にぶつけているんだろうなと想像できました。

Aちゃんママの返事は自分の子どもが悪いの一点張りで、やはり話も聞いてあげずに一方的に怒ったようでした。
そしてこれでも「言い聞かせるから、学校に一緒に行ってほしい」と言いました。

「もう約束をするのはお互いストレスになるからやめましょう。もし朝たまたま会って、一緒に行きたかったら一緒に行くことにしませんか?」

しぶしぶ了承したAちゃんママ。

やっと解放されたかと思ったら、今度は帰り道です。
帰りは、同じ方向の1年生が一緒に帰ってくる決まりになっています。
だから、一緒に帰りたくなくても一緒になってしまう。

長女には走って逃げても絶対追いかけるなと言いました。危ないから。
みんな走って逃げるなら、一人でゆっくり帰っておいでと言ってあります。
その約束を守ってる長女を、いじめがいがないと思ったのか今度は道路に押すようになったのです。

本当に信じられない。
すぐに学校に連絡しました。すぐに親が呼ばれ先生に注意されたようでした。
1年生なので一緒に帰らないということはできなかったけど、先生がかなり気にかけてくれ、私も迎えに行けるときは行くようにしていたので、直接手を出してくることはなくなりました。

しかし聞こえるように悪口を言われたりというのは6年生まで続きました。

いろんな子に同じようなことをやっていたAちゃん。
我が家でもやられましたが、いろんな家でおもちゃなど盗んだりもしていたようでした。
中学生になった今、みんなから嫌われているようです。
そりゃそうだ。

Aちゃんママは毒親だろうなと思います
だからAちゃんは被害者。可哀想な気持ちもありますが、もうあの親子とは関わりたくない。

こちらは、ママ友になったつもりはありませんでした。立ち話には絶対入らなかったし、距離はかなりとっていたつもり。それが気に入らないのか、タイムラインで遠回しに悪口書かれたりもしました(笑)

ほんの少し関わっただけで、こんな面倒なことになることもあります。子どもに被害がいく可能性があるので、慎重に距離を見極めましょう。

ママ友との関わり方

ママ友は作るつもりがなくても、話しかけられることもあります。

無視するわけにもいかないので適度な距離を保って関わりましょう。

  • できれば連絡先は交換しない
  • 挨拶だけはちゃんとする
  • 深い話や悪口は絶対しない

挨拶さえちゃんとしていれば、悪く言ってくるような人はいません。おしゃべりなママは口が軽い人が多いので、自分のことや悪口などはベラベラしゃべらないようにしましよう。

色々聞かれたらめんどうだから、長話にならないようにね!

ママ友がいないって楽!

私はママ友は作らず、どのママともほとんど会話をせず、8年目の小学校生活を迎えようとしています。

子どもがおうちにお邪魔して遊んでいるときだけ、そのお宅のママに挨拶する程度。

それで十分。子どもが嫌な思いをすることもないし、何より私が神経すり減らす必要がないことが楽!時間になったら帰れる!

興味のない世間話するくらいなら、早く帰ってお昼寝したい!

まとめ

ママ友から、本当の友達になれるならママ友は必要かもしれません。でもママ友は必要かと言われたら、答えはNOです。

距離感を間違えるとめんどくさいことになるのがママ友です。

私もママ友作ったほうがいいのかなと悩んでるママさんたち。悩むということは、それほど欲しくないのです。ママ友が欲しい人は悩まず、ママ友を作ります。

子どもは自分で友達を作ってきます。ママ友がいないという理由で、子どもが孤独になることはありません。

わからないことは学校に聞きましょう。嫌な顔せず、教えてくれますよ。悩みはママ友ではなく他の人や地域のサロンなどを頼りましょう。

ママ友はいなくても、問題なく幼稚園や学校生活を送れます。無理してママ友は作る必要ないのです。




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次